電子情報通信学会HCG第3種研究会 人と場所のつながりデザイン研究会は,さまざまな“場所”におけるさまざまなヒューマンコミュニケーションに着目し,人と人,人とメディアがより快適に共存する“場所のメディア”デザインに関する指針や方法の導出,人と場所をつなぐインタフェースデザインの実現に向けて,インタラクションの円滑化技術の開発,およびインタラクション・モデルの構築を通して,メディアデザインに関する指針や方法を導出することを目指して,2012年10月に設立されました.

基本的な活動は,3ヶ月に1度のペースで開催する研究会でのディスカッションです.研究の性質上,文理融合的な側面が強いため,拙速な工学的技術開発よりも,当面はむしろ<場所に着目したインタラクションモデルの解明>という問題意識の共有といった形での議論の深化を重視することとし,情報工学,人間工学,感性工学,心理学,社会学,建築学といった種々な分野で活躍する研究者が参加しています.詳しくは『研究会について』を参照してください.

なお,研究会は特記のない限り参加費は無料です.

第3回 研究会が、11月27日(水 )昭和女子大学 にて
開催されました。

 

ご参加ありがとうございました。!
今後の研究会」に詳細を掲載いたしましたので、そちらをご覧下さい。

研究会は、あらかじめ幹事宛にご連絡を入れていただければ、どなたでもご参加いただけますので、
ふるってご参加ください。

最新のお知らせ